わすれっぽいきみえ

みらいのじぶんにやさしくしてやる

映画『マイ・インターン』観た

すごく久しぶりに映画を観たくなったのと、古着をH&Mに持ってって処分したいのと、ヒールについた傷を修繕してもらいたいのとで外に出かけた。連休中、外に出たのは今日だけ。

wwws.warnerbros.co.jp

あらすじ

急成長中のネットアパレル企業CEOのジュールズ(アン・ハサウェイ)。その会社では社会貢献も兼ねてシニアインターンの募集をかけており、そこにベン(ロバート・デ・ニーロ)が雇われることになった。最初のうち、年上は嫌いだというジュールズはベンのことを毛嫌いしていたが、経験豊富なベンから的確な助言を受け次第に頼るように。ジュールズからの様々な「人生の難問」にベンはシンプルに答えていく。

感想

恋愛適齢期』も『ホリデイ』も好きだしアカデミー賞受賞俳優が二人も出てる作品なのでまず間違いはないだろうと観に行って、まずまずの感じだった。ラストのご都合主義感は気に入らないけど、可もなく不可もない感じ。もう一度観たいですか?と聞かれると、もういいかなと思う。個人的には『ホリデイ』の方がいいかなー。『ホリデイ』の方がワンナイトラブかと思いきや思いの外本気になってしまうとか、すごく好きだった人がクソ野郎だったりとか、淡々と進むけど割と設定がぶっ飛んでるので楽しい。(『ホリデイ』の感想書いてどうするんだ…)

印象は『ドライビング・Miss デイジー』の若くて軽い版。『ドライビング・Miss デイジー』の方が人種問題だったり、宗教問題だったり背景が複雑なので簡単に比較できないが、そういった背景を知らなくても『ドライビング・Miss デイジー』はそのまま楽しめる映画でもあるわけで、そんな感じで背景をあんまり考えないで二人の関係を楽しむ映画だと思えば差し支えない。デイジーさんの方が圧倒的にほんわかするけどね。だから軽いなと思う。

コメディタッチで、大笑いするというよりも品のいい笑いを誘う映画になっている。なんかもっとうわああああああって混乱してる感じのCEOが年上インターンに諭される感じかなと思ってたら、思ったよりは落ち着いてるし。下ネタも多少はあるんだが全体的に品がよい。レネ・ルッソ(61)とロバート・デ・ニーロ(72)のカップルも品が良い。レネ・ルッソロバート・デ・ニーロもっと歳離れてると勝手に思ってたけど、こういう映画で年を重ねた男女が良い感じにイチャイチャしてんの見ると年の差関係ないなって思える。

たまにはゆっくり観に行くのもいいですね。

恋愛適齢期 [DVD]

恋愛適齢期 [DVD]

ホリデイ [DVD]

ホリデイ [DVD]

広告を非表示にする