わすれっぽいきみえ

みらいのじぶんにやさしくしてやる

越後湯沢に行ってきた 初日

f:id:kimikimi714:20190912201017j:plain

私が勤める会社はITS健保に入ってるが使ったことがあるのが一新しかない話を夫としてたら、「じゃあどっか保養所行くかー」と先月か先々月に話して今月になってようやく行ってきた。オフシーズンなのでめちゃくちゃ人が少なかったが、ちょうど涼しくなってきたところでとても快適だった。夏はあんまり外出てると熱中症で死んでしまうので旅行に行く気にもなれなかった。近所ですら無理。

行きしなは昼過ぎに湯沢に付けばいいと話したので、駅弁買って新幹線の中で食べた。

www.yonezawaekiben.jp

これを食べたんだが、おいしいんだけど完全に胃もたれして、夕飯はいるのかが心配になった。そして食べたら急激に睡魔。そこから全然起きなくて夫に起こされ気がつくと山の中だった。あれー?おかしいな?さっきまでコンクリートジャングルだったぞ?

初日は大雨だったので、ホテルまで行くシャトルバスが来る間、とりあえず駅構内のお土産屋さんをぶらついた。そしたら

www.ponshukan.com

これが目に入った。行きしなはとりあえずホテルにもう行きたかったので、帰りに行くしかないなと話して覚えておくことにした。

ホテル着いて雨はまだまだ降ってて遠出は無理だったので、ホテルの中庭をなんとなくぶらつくことにした。鍵をフロントに預けようとしたら「中庭には鯉がいるので、よかったら鯉に餌をあげてきてはどうか」と言われた。普通の乾燥した団子みたいな鯉の餌が紙の袋に個装されてるものがおいてあったので、じゃああげてこようと言って1袋持っていった。

中庭はこじんまりしてた。車の走る音はとても少なくて、虫の音の方が聞こえてきた。アマガエルも随分久しぶりに見た気がする。自分の記憶よりずっと小さかった。

ちょっと歩くと鯉のいる小さな池に着いた。自分が思ってるよりずっと小さかったが水が澄んでて『池の水全部抜く』でやってる池がいかに汚いかと思った。鯉は面白くて足音なのか水の中から見える影なのか、私たちが近づくとすぐに向こうも近づいてきた。どう見ても餌目的だ。餌をちょっと池に入れたらブワッと集まって口を大きく広げてたが、なんか東京で見る鯉の餌やりと違って妙にお上品に見えた。あんまりばちゃばちゃしないし池が濁らなかった。餌を2回くらいあげたら雨脚が激しくなってきたので最後の方は餌を握りしめて半ば投げ捨てるように池に入れたが、鯉は落ち着いて全部食べてた気がする。慌てて部屋に戻った。

新幹線の中でも寝たがホテルに着いてもまだ寝れた。びっくりするほど寝てたので、これ観光どころではないのでは…何しに来たんだ私…と思い始めたが、まぁそんなこと言ってても仕方ないので夕食前に温泉に入ることにした。

お家のお風呂はちょっと狭いので足を伸ばして入れない。面倒臭がってシャワーで済ませてばかりだったが、オフシーズンで誰もいない広いお風呂を一人で貸し切り、泳げるレベルのところに大の字で入るのはなかなかよかった。あとストレッチが捗る。シャワーじゃやっぱ体も温まり切らないんだなー筋がいい感じにほぐれる気がするとぼんやり思いながら、ゆっくりお風呂に入った。

お風呂上がって割とすぐに夕食だった。これが胃もたれ忘れておいしくいただけてよかった。特に殻ごと食べられるカニのせいろ蒸しとご飯。やっぱりご飯はさすが新潟だけあっておいしい。おかわりもできたが最初に出てきた釜が初めから大きかったので、釜のご飯のおかわりまではさすがにしなかった。お酒も飲んだけど、ご飯おいしい方が勝ったのであんまり覚えてない。

部屋に戻って初日はゴロゴロして終わり。二日目はロープウェイに行くことにした。

ご飯の写真をことごとく取り忘れた

気が向いたのでデザインをまた変えた

hitsuzi.hatenablog.com

自分でデザインするの全然得意じゃないけど、こういうの探したらすぐ見つかるの本当に便利。

あとタグクラウド復活させた。

sakuramochi702.hatenablog.com

tech.tmd45.jp

jQueryのバージョンが古いのに気がついたので

code.jquery.com

このへんで 1.12.2 にすることにした。それでも動くし、まぁいいかと。

結婚式準備の話(その3: 式を挙げるまで)

夏の日に屋外で人前式は厳しい
写真はイメージです

前回の続き。前回の記事は以下。

kimikimi714.hatenablog.com

個人的にはお花選びが一番楽しかった。ここは式場とは別のところにある直径の花屋のところまで赴いて花選びに行った。

正直なところ花は全く詳しくない。私達以外にも花には詳しくない人たちの応対をしてきただろうことから、花に詳しくなくても問題はなくて、私達が予定している式場で過去どういう飾り付けをしたのか写真をたくさん見せてもらって、一番イメージに近いものを選んだ。その際に葉っぱそのものに加工を加えることができると聞いたので、コログの模様を書いてほしいとお願いしたら快くやってもらえた。

ただこのお花がとてもお金がかかる。標準プランだけではカバーされない箇所が説明を受けていたとしても見積もりの時点ではわからないから、ある場所の花がないとどういう見た目になるのか、ここで改めて確認して頭を悩ませることになった。結局ここで「ケーキ前」、「装飾用」「ウェルカムボード」を足して、10万くらい上振れた。

ドレス選び

ドレスは困ったー。自分としてはドレスに特別思い入れはないと思っていたんだが、見積もりに書かれてたウェディングドレスとお色直し用のドレスの金額だと自分が着たいと思えるドレスがなくて結構お金がかさんだ。これは結婚式場のプランナーからも予め「たぶん増えますよ…」と話されていた。夫もタキシードを選ぶわけで、お互いにうんうん言いながら選ぶことになった。着てる間は楽しいんだがお金を見るとマジかぁと思った。ここで30万くらいプラスになることは他の人でも全然あると思う。

司会

ここは私たちの出会いとか生い立ちとかを話しながら、司会の人に何を話してもらうか決めてもらうヒアリングの時間だった。

私たち自身はごく普通の話をしているつもりでいたけども、結構パンチ効いた話をしていたらしく、司会の人が頭を抱えていた。まぁそんな顔しちゃダメでしょとは思ったけど、自分たちをよく見せようと少しはしたほうが良かったのかなと今なら思える。もう少し今後は自重しよう。

司会はプラン内だったので追加料金はなかった。

かけるBGMは初日の打ち合わせで言われたことから自分たちでいくつかかけてほしい曲があったので、そのCDを買ってきて式場に持っていって流してもらった。でも著作権の問題もあるので、どこまでやっていいのかはCDの種類や会場との打ち合わせの中で決めてほしい。このCDの分は当然式のプランに入ってないので追加でお金がかかることを考慮しておくといい。BGMはすべてを自分たちで選んだわけではなく、私たちでは知識もないし無理だなと思うところ*1はプランナーに選んでもらった。こだわりがないところはそれでも私たちには十分だった。

引き出物決め

ここもとても困った。カタログに書かれてる商品がとても多くて選ぶのが大変だった。そりゃ来てくれる人のために選ぶんだからちゃんと選ぼうと頑張るんだけど、誕生日ですら一人ずつ選んで買うのに、何十人分のプレゼント選ぶのはさすがに生まれて初めてなので頭がパンクした。しかも結構値段の幅が広くて1,000円から10,000円までピンキリだった。この辺はどういう人を自分が招待したのかによるので、近い友人とかはできる限り同じ商品になるようにしつつ、恩師らにはもう少しグレード高くなど人によって考え方が違うと思うので一概には言えない。

最終見積り

最後にこれに加えて、写真集、芳名帳、お車代、謝礼代、お金を包むための封筒、ガードル、白のハンカチ、靴下、友人のヘアメイク手配など諸々でさらに約30万かかった。

自分たちのときにかかった実際の金額はさすがに公開したくないが、どうやって見積もりを出して式場から送られてくる見積もりがあってるか計算するためと招待客の住所などをまとめるのに使ったシートを偽名に書き直して公開する。書きながら思い出したが、送るときの切手は手渡しで良ければ少しだけ浮く。返信用切手は貼ったほうが良い。相手の事情によっては渡すときに手渡しできても返信時点では手渡しできないこともあるためだ。

docs.google.com

このシートだと呼んでる人数が当日より圧倒的に少ないので実際の金額はもっとかかっているが、計算の方法はほぼ変えてない。単価は地味に変えてあるが、相場から大きくハズレないようにしているので参考にしてほしい。

当日の式

ここまで割とお金の話が多く当日までのキャッキャウフフな感じが一切なかったが、一応言っておくと本人たちは結構準備を楽しんでやってた。当日は自分の家から友だちからもらったぬいぐるみたちを持っていって式の入り口に飾っておき、BGMも好きなゲーム音楽をかけたりした。また暑い夏の日が続いていたのに、私たちの挙式日は奇跡的に朝がとても涼しくて過ごしやすい陽気だった。涼しいからといって曇り空というわけでもなく、よく晴れているのに涼しいいい日だった。私の地元が関西なので友達を東京まで呼ぶのに気候が地味に一番来にしていたので、これはとてもラッキーだったと思う。

しこんでおいたコログはビビるほど気づいてもらえなかったので友達の席を回るときにネタばらしして回った。本物のコログより隠れていた気がする。

おわりに

ぶっちゃけた話、工夫次第ではもっと安くできる。友達の話だと海外で挙式したほうが実は安くなるらしい。けど、それは調べてないのと友だちがあまり呼べなくなるのでやらなかった。あと安ければ何でもいいわけでもなく自分たちが一番求めるものに近いのを実現できるように、出しすぎて後悔することも惜しみすぎて後悔することもない金額を相談した上で挙式したほうがいい。

その最たる例がお花とドレスと引き出物、お車代だと思うし、実際ここは変に惜しむと後悔するポイントだったので割と夫と話して決めていた。

人によって金銭感覚も美的感覚も違うと思うので、何にお金をかけて、何を安くするか、決めるときは自分の目でちゃんと確かめてほしい。

*1:例えば人前式にかける曲はどれにするか。クリスチャンじゃないので教会音楽とか知らない。定番ソングに安室奈美恵とかあるけど、なんかそんな気分じゃなかった。