わすれっぽいきみえ

みらいのじぶんにやさしくしてやる

本『ソーシャルアプリプラットフォーム構築技法』読んだ

ブログ『天使やカイザーと呼ばれて』1を書いてる田中洋一郎さんと
洋一郎さん「今度本を出版するんですよ!」
私「本当ですか?読んで記事書きます!」
洋一郎さん「ぜひぜひ」
という話を直接していたんだが全然記事書いてなかった!すみません!

ソーシャルアプリと言われると正直ピンとこなかったんだが、読んでみてSNSをプラットフォームとして展開したシステム構築の話だとわかった。とてもざっくり言うと、TwitterなどのSNSAPIを公開して3rd party開発者に独自のサービスを作ってもらえるようにプラットフォームを構築するにはどうしたら良いかを記載した本。

この視点は個人的に結構斬新だった。というのも「facebookのGraphQLを使うとどんなサービスが作れるか」「Twitterなら」「G+なら」「LINE bot APIなら」という話は本当によく見かけるし、逆の視点と言っても「facebookのようなSNSを作るには」「Twitterは」(以下略)の視点になるのが大半だ。しかしこの本で言ってるのは「すでに自分はfacebookのようなSNSサービスを構築済みで、ある程度のユーザーさんも抱えているとしましょう。その上で別の開発者に使ってもらえるようなAPIを提供して、かつ継続して使ってもらうにはどうすればいいのか」という視点になっている。この切り口はこれまで見たことがなかった。

しかも技術的にどうやって構築するかの内容(3, 4, 6章)もかなり充実してはいるんだけど、エンジニアだけでプラットフォームが構築できるわけではない、ビジネスサイドの人をどう巻き込んでいくかの話(2, 5章)にも紙面が結構割かれているのが自分的にはおすすめ。特に私自身が弱点と感じているのが法務周りの知識で、まぁいきなり法務のプロになれるわけでもなりたいとも思ってないけど、じゃあ実際どうやって法務に相談するといいんだろうと思ったときにはこの本に立ち返ると思う。3, 4, 6章に書かれてることはエンジニアじゃないとなかなかわからない気がするが、2, 5章はエンジニアじゃない人も読んでみていい内容だと思う。

この記事を書く前に洋一郎さんと個人的に口頭でちょっと話した内容として改めて大事だなと思ったのは3rdの人もお金を必要としてることをちゃんと考えることだった。すでにこの本に関するレビュー記事はいくつか上がっているのだが、そこでも「お金はやっぱり無視できない」という話がちらほら書かれてる。プラットフォーム提供側としてお金をどう作っていくかも重要だが、単にAPIを提供すれば誰かが勝手に何とかしてくれると思うのは横柄だ、3rdにどうやってお金を作る手段を提供するかまで含めて考える必要があるという話だ。この辺、2章は本当に大事な章だと思う。よく考えてみるとTwitterAPIを使ったサービス作ってお金儲けしたいと考える3rdは今でもいるだろうが、Twitter社自体が全くそのへんを考慮せずにAPIを提供すると割りと悲惨だなと想像していた。

この記事自体は上澄み部分しか全然書けてないのでさらっと読めそうに感じるかもしれないけど、読みたい方は心して読んだほうがいい。本の見た目そんなに厚くないのに内容はかなり濃い。ちゃんと読もうと思うと結構時間がかかる。上に書いたような私が個人的に刺さったビジネスサイドをどう巻き込むか話だけでも、おおおって思いながら読めると思う。


  1. 洋一郎さんからすると、そのブログじゃなくてこっちの方が自分のウリですというものが別にあるかもしれないが、ご本人にお会いする前にブログの方を自分は読んだことがあって「あーこの記事の著者の人だったのかー」と思った。

ブログとは別に紙の日記を書くことの私における効果

ブログは基本的にネット環境のある人全員がアクセスしようと思えばできてしまうわけなので、私以外の誰かが読む前提で書くものだと心得ている。

でも、日記はどうだろう?わざわざ見せたりするのだろうか?

昔ある精神科医の人が書いた本に精神疾患の人が「私のすべてを書いてます」と言って日記をごそっと病院に持ってきて見せに来たと書かれてたのを読んだことがある。ここからしても、普通日記というものは自分のために書いて、わざわざ人に見せないものだと思う。

私は自分のためにブログとは別に紙の日記もつけている。確か中学くらいからつけていたはずなので、人生の半分以上日記を書いてる。それも紙の日記をつけている。そしてこれは誰かに見せるために書いているものではない。

きっかけは確か何気なく母親に「お母さんは日記つけてた?」と聞いたことだったと思う。なんでそんなこと訊いたのかは覚えてないが、返事は「ああ、つけてたよ。ただ残っちゃうものだから愚痴ばっかりだと滅入ってくるのよね。できれば今日あったいい話みたいなのを書いたほうがいいかなー」くらいの感じだったはず。「書くと何かいいことあるの?」とさらに質問した気がするけど、これに対して何と返事がきたかは忘れた。

今の私が当時の私に日記をつけるとどんな良いことがあるか教えるとするなら「自分に正直になる練習に使える」と答える。

愚痴や不安を話すとやたらアドバイスをくれる人や露骨に嫌そうな顔をする人がいる。友人に対してそういうことを話すと「その人のいいところを見つけたほうが良いよ」って多分言われる。友人に悪気がないのもわかってるから、そうだねとしか言えなくなる。ただ聞いてほしいけど、聞いてもらうのには重いなーと感じるとか黙って聞いてるのを相手に強いるつもりなくても話すのを遠慮することって誰にでもあると思う。そういうときに日記は黙って聞いててくれる。

不安や嫌いな人、嫌な出来事でもとりあえず書き出してみる。読み返して辛くなるならチラシの裏に書き捨てて、ゴミに出してしまえばいい。

個人的にはデジタルでメモ帳に書くよりも、紙の日記に書くことをおすすめする。文字が汚いとなお良い。文字が汚かったり、字がやたら大きくなったり、斜めになったり、やたら丸くなったり、そういうのが自分の精神状態をよく表してくれる。ちなみに私は自分の気が大きくなってるときに書いた日の日記の字は本当に大きい。罫線を完全に無視してる。

「残っちゃうものだから愚痴ばっかりだと滅入ってくるのよね」という母の話は正しい。ただだからって自分の中に溜め込んでいてもしょうがない。感じてることを感じてないことにはできない。そう思うから、思ってることの吐き出し方の練習、自分が本当に思ってることを試しに思った通りに書き出してみる練習に日記は使っていいと思ってる。

愚痴を書いてみるのは意外に悪くなくて、すごく時間が経って振り返ったときに自分のしょうもない一面が見れて、それなりに愉快な気持ちになる。

眠れないなーと思うときに日記を書くと私は眠れる。眠れない理由を延々書き出してみるのだ。考え事がやまないなら、ひたすら考えてることを書き出してみる。そうすると途中で馬鹿らしくなるか、単純に疲れるか、考えても仕方ないなって何かを諦めるか、なんか心情の変化が訪れて眠れる。良い精神安定剤だと思う。たまに盛り上がるのが良くない。

これまでなんか精神的にやばそうだなーと個人的に見てて思った人には何気なく紙のただのノートを「あげるよ」と言ってプレゼントしていた。たぶん私の意図は何も伝わってないと思う。でもまぁ書き出してみることで安心するのは一定の効果があるので、紙が嫌いでもとりあえず何かに書いてみればいいと思う。

なんでこんなしょうもないことで悩んでるんだ!と書いてみた結果思うなら、それはそれで良い。しょうもないことでも悩むことはあるんだなと気がつくことが大事だと私は思ってる。

本『伝える力』読んだ

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

本当は昔から自分の課題として「言いたいことを言うばっかりで相手に伝わるように話せないこと」があって、いよいよ本格的にやばいなと思ったので古本屋で買ってきて読んだ。

今から10年前に出版された本なので時々出てくるネタが古いけども、「子どもにも理解できるように」話すことが強いられる週刊こどもニュースをやってたアナウンサーの人が書いた本なだけあって、わかりやすくするとはどういうことかがとても意識されていたと思う。あと本人が皮肉屋なんだろうな。使うなと自分で書いた表現をあえて使ってくる文章があった。人によっては、そういう表現でウッとなるかもしれない。適度に毒を楽しめる人のほうが読みやすいと思う。

言いたいことをただ箇条書きで書いてもわからない。専門用語を使ったら自分はわかった気になれるかもしれないが、実際にその言葉を説明しろと言われると案外説明に窮する。人間は感情の生き物だから、論理的にただ話すのではなくて相手が汲み取ってほしい感情を考えながら話すことが大切。中学生でもわかるように話しているか。相手が気持ちよく聞いてもらえたと思えるように耳を傾ける。とかとか。こういう話は割りとよく言われることではあるんだけど、改めて本に書かれたものとして読むとまぁできてないものばかり。読んでて「ああそうだね。そういう態度だとコミュニケーションは難しいだろうね」と思えるような例文、シチュエーションが出てくるんだが、自分が遭遇したいくつかのシチュエーションを思い浮かべると、できてないなーと思うことがちょいちょいあった。

本そのものはさらっと読める。私は片手間に、電車・バスの中で、お昼ごはん食べ終わってちょっと休憩に読み進めていた。