わすれっぽいきみえ

みらいのじぶんにやさしくしてやる

ブログとは別に紙の日記を書くことの私における効果

ブログは基本的にネット環境のある人全員がアクセスしようと思えばできてしまうわけなので、私以外の誰かが読む前提で書くものだと心得ている。

でも、日記はどうだろう?わざわざ見せたりするのだろうか?

昔ある精神科医の人が書いた本に精神疾患の人が「私のすべてを書いてます」と言って日記をごそっと病院に持ってきて見せに来たと書かれてたのを読んだことがある。ここからしても、普通日記というものは自分のために書いて、わざわざ人に見せないものだと思う。

私は自分のためにブログとは別に紙の日記もつけている。確か中学くらいからつけていたはずなので、人生の半分以上日記を書いてる。それも紙の日記をつけている。そしてこれは誰かに見せるために書いているものではない。

きっかけは確か何気なく母親に「お母さんは日記つけてた?」と聞いたことだったと思う。なんでそんなこと訊いたのかは覚えてないが、返事は「ああ、つけてたよ。ただ残っちゃうものだから愚痴ばっかりだと滅入ってくるのよね。できれば今日あったいい話みたいなのを書いたほうがいいかなー」くらいの感じだったはず。「書くと何かいいことあるの?」とさらに質問した気がするけど、これに対して何と返事がきたかは忘れた。

今の私が当時の私に日記をつけるとどんな良いことがあるか教えるとするなら「自分に正直になる練習に使える」と答える。

愚痴や不安を話すとやたらアドバイスをくれる人や露骨に嫌そうな顔をする人がいる。友人に対してそういうことを話すと「その人のいいところを見つけたほうが良いよ」って多分言われる。友人に悪気がないのもわかってるから、そうだねとしか言えなくなる。ただ聞いてほしいけど、聞いてもらうのには重いなーと感じるとか黙って聞いてるのを相手に強いるつもりなくても話すのを遠慮することって誰にでもあると思う。そういうときに日記は黙って聞いててくれる。

不安や嫌いな人、嫌な出来事でもとりあえず書き出してみる。読み返して辛くなるならチラシの裏に書き捨てて、ゴミに出してしまえばいい。

個人的にはデジタルでメモ帳に書くよりも、紙の日記に書くことをおすすめする。文字が汚いとなお良い。文字が汚かったり、字がやたら大きくなったり、斜めになったり、やたら丸くなったり、そういうのが自分の精神状態をよく表してくれる。ちなみに私は自分の気が大きくなってるときに書いた日の日記の字は本当に大きい。罫線を完全に無視してる。

「残っちゃうものだから愚痴ばっかりだと滅入ってくるのよね」という母の話は正しい。ただだからって自分の中に溜め込んでいてもしょうがない。感じてることを感じてないことにはできない。そう思うから、思ってることの吐き出し方の練習、自分が本当に思ってることを試しに思った通りに書き出してみる練習に日記は使っていいと思ってる。

愚痴を書いてみるのは意外に悪くなくて、すごく時間が経って振り返ったときに自分のしょうもない一面が見れて、それなりに愉快な気持ちになる。

眠れないなーと思うときに日記を書くと私は眠れる。眠れない理由を延々書き出してみるのだ。考え事がやまないなら、ひたすら考えてることを書き出してみる。そうすると途中で馬鹿らしくなるか、単純に疲れるか、考えても仕方ないなって何かを諦めるか、なんか心情の変化が訪れて眠れる。良い精神安定剤だと思う。たまに盛り上がるのが良くない。

これまでなんか精神的にやばそうだなーと個人的に見てて思った人には何気なく紙のただのノートを「あげるよ」と言ってプレゼントしていた。たぶん私の意図は何も伝わってないと思う。でもまぁ書き出してみることで安心するのは一定の効果があるので、紙が嫌いでもとりあえず何かに書いてみればいいと思う。

なんでこんなしょうもないことで悩んでるんだ!と書いてみた結果思うなら、それはそれで良い。しょうもないことでも悩むことはあるんだなと気がつくことが大事だと私は思ってる。

本『伝える力』読んだ

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

本当は昔から自分の課題として「言いたいことを言うばっかりで相手に伝わるように話せないこと」があって、いよいよ本格的にやばいなと思ったので古本屋で買ってきて読んだ。

今から10年前に出版された本なので時々出てくるネタが古いけども、「子どもにも理解できるように」話すことが強いられる週刊こどもニュースをやってたアナウンサーの人が書いた本なだけあって、わかりやすくするとはどういうことかがとても意識されていたと思う。あと本人が皮肉屋なんだろうな。使うなと自分で書いた表現をあえて使ってくる文章があった。人によっては、そういう表現でウッとなるかもしれない。適度に毒を楽しめる人のほうが読みやすいと思う。

言いたいことをただ箇条書きで書いてもわからない。専門用語を使ったら自分はわかった気になれるかもしれないが、実際にその言葉を説明しろと言われると案外説明に窮する。人間は感情の生き物だから、論理的にただ話すのではなくて相手が汲み取ってほしい感情を考えながら話すことが大切。中学生でもわかるように話しているか。相手が気持ちよく聞いてもらえたと思えるように耳を傾ける。とかとか。こういう話は割りとよく言われることではあるんだけど、改めて本に書かれたものとして読むとまぁできてないものばかり。読んでて「ああそうだね。そういう態度だとコミュニケーションは難しいだろうね」と思えるような例文、シチュエーションが出てくるんだが、自分が遭遇したいくつかのシチュエーションを思い浮かべると、できてないなーと思うことがちょいちょいあった。

本そのものはさらっと読める。私は片手間に、電車・バスの中で、お昼ごはん食べ終わってちょっと休憩に読み進めていた。

本『ザ・ファシリテーター』読んだ

ザ・ファシリテーター

ザ・ファシリテーター

友人から紹介されて「読んだらぜひ感想を聞かせてほしい」と言われていた。読んでから少し時間が経ってしまったが、感想を書く。

あらすじ

黒崎涼子は入社4年目である会社の開発センター長に大抜擢された。前の部署でマーケティング部の環境を変え、業績を一気に引き上げたことを評価されてのことだった。
前の部署でうまくいったとはいえ、次の部署はベテランのエンジニアたちが集う開発センター。開発に関する知識もなく、部下より年下の自分がなぜ開発センターに異動になったのか。当惑しつつも開発センターの環境を変えるべく、マーケティング部で用いたファシリテーションスキルを発揮して、困難に立ち向かっていく。

感想

まずエンジニアは出てくるが、エンジニアリングの話は出てこないし、エンジニアの話でもまったくない。あくまでもファシリテーションを通して、環境改善を行っていく話だ。人間関係を円滑にし、かつ会社に貢献できるアイディアを捻出するのにファシリテーションを行っていく様子を小説形式で書いた本になっている。ちなみにファシリテーションとは化学の触媒みたいなもので、それがあるだけでは何の効果も発揮できないけども、ある場所で人々のコミュニケーションやアイディアを促進する方法のこと、と説明されている。ファシリテーターはその方法を実践する人のこと。

こんなにうまくいくかな?と思う部分も多少はある。いじわるな人が後半以降にならないとほぼ出てこないし、たしかに困難には直面してるけどファシリテーションのおかげと考えるには話がきれいだなと感じる。けれど普通場をなごませるために使うアイスブレイクはどういった場面で使うのがいいのか(必ずしもミーティングの初めじゃなくてもいい)、他にどんな種類のアイスブレイクがあるのか、議題の進め方にはどういったものがあるのか、ファシリテーションの道具箱とは、ファシリテーターが守るべきスタンスとは、など結構面白い情報はあった。

一つあまり活かしきれてないのではと思った前提条件を言うと、主人公が女性で独身で部下より年が若く新しい環境に大抜擢されたというところ。小説に出てくる会社の人たちはノウハウがあまりないよそ者が急にデバってきたことに文句は言ってるけど、「女は黙ってろ」くらいのことを言って一切話を聞いてくれないみたいなことは全然なくて、比較的いい人たちで論理的に話を進めたらはいはいってちゃんと話聞いてた。だからファシリテーションというものが一体どんなものなのか、どんなときに有効かは読んでてなるほどと思いながら進められるんだけど、主人公自身のステータスがハードルとは感じられなかった。差別になりえるステータスだよねと軽く触れる程度にしかならないなら、こんなステータス設定いらないと思う。

社内に研修プログラムがあればそこで教えてもらえそうな内容でもあるが、研修プログラムは限られた時間の中で会社の目的に沿う形で開かれる性質上、ファシリテーションに限ってどういうものがあるのかを知る機会って意外と少ない気がする。ほかの人が企業の研修に参加してる様子を見ている感覚になれる本と思って読むとしっくり来ると思う。

どちらかといえばマネージメントをやる立場の人に役立つ本な気がしているが、マネージャー職じゃなくても会社で何かのミーティングの司会をすることはあると思うので、そういう人はミーティングの目的を念頭に置きながら、この本に書かれてるファシリテーションのいろんな実践を取り入れてみるといいかもしれない。読み物としても普通におもしろいので、司会することなくても読んでみていいと思う。